エクセルシア西日暮里校|西日暮里駅周辺の小学生・中学生・高校生の学習塾

西日暮里駅周辺の小学生・中学生・高校生の学習塾なら、『完全1対2指導制』のエクセルシア西日暮里校へ!

教室のご案内 ≫ お知らせブログ ≫

お知らせブログ

リスニングについて(3)

西日暮里・千駄木・田端・日暮里駅周辺で塾をお探しの保護者様・生徒様へ
 
こんにちは。エクセルシア西日暮里校の加藤です。
今回も、英語のリスニングについてお話します。
 
会話文のリスニングについては、あらかじめ「決まり文句」を知っておくことが重要です。
例えば知り合い同士の対話では、
       What's  the  matter (with  you)? 
                              /  What's  wrong(with  you)? 
という言い方が使われます。
この意味は、「(あなたは)どうしたの?」です。
相手に普段とは違う様子が見られる場合に、
気遣いを示しつつ、その理由を尋ねる決まり文句です。
こうした言い方は、あらかじめ知っていなければ意味がわかりませんし、
これを含む対話全体の意味の流れも掴みにくいでしょう。
反対にこの意味がわかっていれば、
相手の次の発言が「普段とは違う理由の説明」であると予想できます。
同じように、
       May  I  help  you ?  - I’m  looking  for  a  new  bag.
と来れば、お店での店員と客との会話でしょうし、
       Hello ?  This  is  Tom.
で始まれば、電話での会話となります。
つまり決まり文句は、話の文脈を知る手掛かりとなるのです。
決まり文句は、特に会話文のリスニングの基礎知識としてしっかり覚えておく必要があります。
(次回に続く)

≪エクセルシア西日暮里校≫
【最寄り駅】
西日暮里駅徒歩6分 / 千駄木駅徒歩8分
【対象エリア】
西日暮里、千駄木、本駒込、田端、谷中
【対象公立中学校】
文林中、文京八中、文京九中、諏訪台中、田端中、上野中
2022年07月21日 11:12

リスニングについて(2)

西日暮里・千駄木・田端・日暮里駅周辺で塾をお探しの保護者様・生徒様へ
 
こんにちは。エクセルシア西日暮里校の加藤です。
今回も、英語のリスニングについてお話します。
 
リスニングをする上では、話の「文脈」を理解していることが重要となります。
文脈とは「意味の流れ」と考えて下さい。

文章にしろ、発言にしろ、その目的は「意味を伝えること」にあります。
単語が重なり文になり、文が重なり文章・発言になって、意味の流れ=文脈をつくり出します。
その中では、個々の単語や文の意味は、文脈を構成する「パーツ」となっています。
反対に、個々の単語や文の意味は、文脈に沿って理解することになります。
 
文章読解では、文脈の理解が極めて重要です。
リスニングの場合でも、全く同じです。
「一体何の話をしているのだろうか?」と考えながら聴くことは、
文脈を理解しようという方向に自分の頭を働かせることになります。
その中で個々の単語や文に接する場合、文脈に沿って意味を捉えようとすることになります
そうすることで、単語や文の意味が理解し易くなり、従って音自体も聴き易くなります。
(反対に、文脈を理解せずに個々の単語や文に接しても、
話全体の意味が掴めていないため、なかなか頭に入ってきにくいでしょう。)。
ぜひ「文脈を理解しよう」という姿勢で、リスニングに臨んで下さい。
 
ちなみに、英検の上位級やTOEICのリスニング問題などでは、
職場での会話がリスニング材料となることがあります。
この場合、学生は聴きにくいと感じられるかも知れません。
理由の一つは、学生にとっては、職場での会話の文脈に馴染みがないからです。
ある意味仕方がないことではあります。
職場での会話の文脈をわかっている「大人」からの指導が、必要となりましょう。
(次回に続く)

≪エクセルシア西日暮里校≫
【最寄り駅】
西日暮里駅徒歩6分 / 千駄木駅徒歩8分
【対象エリア】
西日暮里、千駄木、本駒込、田端、谷中
【対象公立中学校】
文林中、文京八中、文京九中、諏訪台中、田端中、上野中
2022年07月11日 21:18

リスニングについて(1)

西日暮里・千駄木・田端・日暮里駅周辺で塾をお探しの保護者様・生徒様へ
 
こんにちは。エクセルシア西日暮里校の加藤です。
今回から何回かに分けて、英語のリスニングについてお話します。
 
「聴く力」をアップためには、どうすれば良いでしょうか。
もちろん英語を母国語とするネイティブが喋っているのを、繰り返し聴くことが必要不可欠です。
けれどもその際に重要なことは、ネイティブの発声の後、自分でも音読してみることです。
ネイティブが喋るのを聴き、その発音や抑揚の仕方を覚え、自分でもそれを真似して読んでみることが大切なのです。
自分で喋ってみることで、他の人の喋り方をより深く理解することができるのです。
これは「聴く力」のアップとなります
(本当に慣れてくると、ネイティブが喋るのに1~2語遅れて声を出し、追っかけて行く練習が効果的です。
これを「シャドーイング」といいます。
この場合、基本的に英文は見ないで発声するのが良いでしょう。)。
なお音読には別の効果もあります。
これは日本語でもそうなのですが、音読のスピードは、黙読のスピードを決めることになります。
速い音読をすることは、黙読のスピードアップにつながります。
速読という形での「読む力」の向上となるのです。
日本語を含め、ぜひお試し下さい。
(次回に続く)

≪エクセルシア西日暮里校≫
【最寄り駅】
西日暮里駅徒歩6分 / 千駄木駅徒歩8分
【対象エリア】
西日暮里、千駄木、本駒込、田端、谷中
【対象公立中学校】
文林中、文京八中、文京九中、諏訪台中、田端中、上野中
2022年06月21日 14:47

公式(5)

西日暮里・千駄木・田端・日暮里駅周辺で塾をお探しの保護者様・生徒様へ
 
こんにちは。エクセルシア西日暮里校の加藤です。
今回も前回に引き続き、算数・数学の公式についてお話しします。
 
算数・数学では、「答えへの近道を探すこと」が大切です。
早く正確に答えを出せる方法があるのならば、絶対にその方法を取るべきです。
その意味で、第二のグループの公式は極めて大切です。
特に前回の「内分点の座標の公式」のように、簡単な公式であるならば、覚えていて全く損はありません。
 
もちろん、生徒に計算力をつけてもらうため、あるいは公式を導くに至る考え方を学んでもらうため、
敢えて公式を使わないで解かせるという場合もあります。
けれども、それはあくまで「場合」であり、「時を見て」の話です。
むしろ公式を使いこなす機会を用意してあげることの方が、大切でしょう。
 
教室の授業でも、こうした公式を積極的に紹介しています。
どうぞ公式という「近道」を通って、早く答えにたどり着いて下さい。

≪エクセルシア西日暮里校≫
【最寄り駅】
西日暮里駅徒歩6分 / 千駄木駅徒歩8分
【対象エリア】
西日暮里、千駄木、本駒込、田端、谷中
【対象公立中学校】
文林中、文京八中、文京九中、諏訪台中、田端中、上野中
2022年06月11日 11:51

公式(4)

西日暮里・千駄木・田端・日暮里駅周辺で塾をお探しの保護者様・生徒様へ
 
こんにちは。エクセルシア西日暮里校の加藤です。
今回も前回に引き続き、算数・数学の公式についてお話しします。
 
このブログで公式について書こうと考えたのは、
令和4年度の都立高校の前期入試の数学の問題を見て、
改めて第二のグループの公式の大切さを感じたからです。
 
都立高校の数学の大問3は、いつも座標を取り上げています。
今回の大問3の問3は、
「(座標上の)線分PQ上に点Rがあり、RがPQを3:1に分けるとき、点PのX座標を求める」
という問題です(詳しくは、問題をご覧下さい。)。
中学で習うオーソドックスな解き方に従えば、
①点PのX座標を使って点Rの座標を表し、
②次にPR・RQの長さを求め、
③それらの比が3:1となるとした上で、
④点PのX座標を計算します。
この解き方に関して、高校で習う「内分点の座標の公式」を使えば、
①「PQを3:1に内分する点の座標」を点PのX座標でズバリ表し、
②そこから直ちに点PのX座標を求めることができます。
もちろん公式を使った方が、解法は簡単です。
しかもこの公式自体、決してややこしいものではありません
(なお公式の具体的な内容は、ここでは省略します。)。
この公式を知っている受験生にとっては、
(通常はひと手間かかるはずの)大問3の問3は、比較的扱いやすかったことでしょう。
(次回に続く)

≪エクセルシア西日暮里校≫
【最寄り駅】
西日暮里駅徒歩6分 / 千駄木駅徒歩8分
【対象エリア】
西日暮里、千駄木、本駒込、田端、谷中
【対象公立中学校】
文林中、文京八中、文京九中、諏訪台中、田端中、上野中
2022年05月21日 12:33

公式(3)

西日暮里・千駄木・田端・日暮里駅周辺で塾をお探しの保護者様・生徒様へ
 
こんにちは、エクセルシア西日暮里校の加藤です。
今回も前回に引き続き、算数・数学の公式についてお話しします。
 
「それを知らなくても問題は解けるものの、知っていれば簡単に答えを出せる公式」で、
学校・塾で必ずしも教えてくれないものの例として、
魔方陣の公式」があります。
3×3の足し算の魔方陣、つまり
   縦・横各3マス、合計9マスのそれぞれに数字が入ると、
           縦・横・斜めのどの列についても、3つの数字の合計が同じ数になるもの

の空いたマスに数字を埋める問題が出されたとき、
学校・塾ではどういう解き方を求められるでしょうか。
多くの場合、
  ①地道な計算をし、あるいは
  ②わからない数を□やxとして式を立て、解いていく、
といった形で、空いたマスを順に埋めていくことが求められると思います。
しかしながら、魔方陣には、その成り立ちから、重要な公式が存在します。
つまり、
   ・「真ん中のマスの数は、全ての数の平均に等しい
      例 1~9の数字を入れる魔方陣ならば、真ん中は5
   ・「真ん中のマスをはさむ2つのマスの数の和は、真ん中のマスの数の2倍である
      例 1~9の数字を入れる魔方陣ならば、和は10
というものです。
確かに多くの魔方陣は、これらを知らずとも解くことができます。
けれども、これらの公式を活用すれば、かなり楽に魔方陣を完成させることができましょう。
この公式は、ズバリ、知らないと損です。
(次回に続く)

≪エクセルシア西日暮里校≫
【最寄り駅】
西日暮里駅徒歩6分 / 千駄木駅徒歩8分
【対象エリア】
西日暮里、千駄木、本駒込、田端、谷中
【対象公立中学校】
文林中、文京八中、文京九中、諏訪台中、田端中、上野中
2022年05月11日 11:31

公式(2)

西日暮里・千駄木・田端・日暮里駅周辺で塾をお探しの保護者様・生徒様へ
 
こんにちは、エクセルシア西日暮里校の加藤です。
今回も前回に引き続き、算数・数学の公式についてお話しします。
 
「それを知らなくても問題は解けるものの、知っていれば簡単に答えを出せる公式」のわかりやすい例として、
中3の数学で習う展開公式があります。
例えば、次の式の展開を計算する場合を考えます。
      (x+1)(x+2)
展開公式を知らない場合、①分配法則を使ってx×x、x×1、x×2、1×2をそれぞれ計算し、
②x
、xの項をそれぞれまとめ、最終的にx+3x+2を出します。
これに対し、展開公式を知っていれば、xの項の係数は1+2=3、定数項は1×2=2であるとわかり、
直ちに
3x+2に到達できます。
展開公式は、もちろん学校で教えてくれるのですが、
こうした第二のグループの公式を学校で教えることは、どちらかと言うと少ないという印象です
(もっとも展開公式は、その後に続く因数分解の公式を導入するためのものと言うべきです。
そして因数分解の公式は、第一のグループのものです。
その意味で展開公式は、第二のグループよりはむしろ第一のグループに入るのかも知れません。)。
これに対し、学校はもちろん塾でも必ずしも教えてくれないものの、
知っていれば絶対に便利な公式も存在します。
(次回に続く)

≪エクセルシア西日暮里校≫
【最寄り駅】
西日暮里駅徒歩6分 / 千駄木駅徒歩8分
【対象エリア】
西日暮里、千駄木、本駒込、田端、谷中
【対象公立中学校】
文林中、文京八中、文京九中、諏訪台中、田端中、上野中
2022年04月21日 15:20

公式(1)

西日暮里・千駄木・田端・日暮里駅周辺で塾をお探しの保護者様・生徒様へ
 
こんにちは。エクセルシア西日暮里校の加藤です。 
今回から何回かは、算数・数学の公式についてお話しします。
 
算数・数学では、いろいろな公式を勉強していると思います。
では、公式には2つのグループがあるのを知っていますか。
 
第一のグループの公式は、
「それを知らなければ、そもそも問題を解けないもの」です。
算数では「円の面積の公式」、数学では「三平方の定理」が、これに当たります。
例えば「直径10cmの円の面積を求めなさい」と言われても、
[円の直径-円周の長さ-円の面積]の関係、そして円周率の存在を知らなければ、
手も足も出ませんよね。
学校で取り上げる公式は、主にこの第一のグループのものです。
 
これに対し第二のグループの公式は、
「それを知らなくても問題は解けるけれども、知っていれば簡単に答えを出せるもの」です。
(次回に続く)

≪エクセルシア西日暮里校≫
【最寄り駅】
西日暮里駅徒歩6分 / 千駄木駅徒歩8分
【対象エリア】
西日暮里、千駄木、本駒込、田端、谷中
【対象公立中学校】
文林中、文京八中、文京九中、諏訪台中、田端中、上野中
2022年04月11日 15:44

令和4年度都立高校入試・英語問題レビュー(4)

西日暮里・千駄木・田端・日暮里駅周辺で塾をお探しの保護者様・生徒様へ
 
こんにちは。エクセルシア西日暮里校の加藤です。
今回も、前回に引き続き、令和4年度の都立高校の入試の英語の試験について、前期・後期の問題を比較しながら、レビューしたいと思います
(なお今回、敢えて奥歯に物がはさまった言い方をしている所もあります。
ご容赦お願いします。)。

当教室は、独自の「大問4に対するアプローチの仕方」を用意しています。
そして今回の問題文の中には、このアプローチを取る上で助けとなる「ヒント」が、
いくつかちりばめられている
のです。
それに気づけば、今回の大問4は、むしろ例年の問題よりも楽に対処することができます。
こうしたヒントの存在は、問題文の分量が多いことに対する配慮だったのでしょうか。
 
結論として、正しい「アプローチの仕方」を知っている限り、
一般に難しいと言われている大問4も、決して手強いものではありません
令和4年度の後期試験も、例外ではありませんでした。
この「アプローチの仕方」がどのようなものであるかは、教室でお話ししましょう。

≪エクセルシア西日暮里校≫
【最寄り駅】
西日暮里駅徒歩6分 / 千駄木駅徒歩8分
【対象エリア】
西日暮里、千駄木、本駒込、田端、谷中
【対象公立中学校】
文林中、文京八中、文京九中、諏訪台中、田端中、上野中

 
2022年03月20日 12:39

令和4年度都立高校入試・英語問題レビュー(3)

西日暮里・千駄木・田端・日暮里駅周辺で塾をお探しの保護者様・生徒様へ
 
こんにちは。エクセルシア西日暮里校の加藤です。
今回も、前回に引き続き、令和4年度の都立高校の入試の英語の試験について、前期・後期の問題を比較しながら、レビューしたいと思います。

今回の大問4の物語文、前期に比べて後期の方が、長くなっています。
正直、「随分分量が増えている」という印象です。
後期の受験生にとっては、一見負担が大きいように見えます。
前回お話ししたように、今回の後期試験では、大問2の英作文がテーマ的に比較的楽になっています。
その分、大問4の問題文の分量が増やされたのかも知れません。
けれども、「大問4に対するアプローチの仕方」を心得ている受験生にとって
分量増はさほど問題とならないはずです。
(次回に続く)

≪エクセルシア西日暮里校≫
【最寄り駅】
西日暮里駅徒歩6分 / 千駄木駅徒歩8分
【対象エリア】
西日暮里、千駄木、本駒込、田端、谷中
【対象公立中学校】
文林中、文京八中、文京九中、諏訪台中、田端中、上野中
2022年03月18日 13:30

東京都荒川区
西日暮里4-23-3
木田ビル3F

【電話】
0120-397-602

【教室直通電話】
03-5834-7573

【定休日】
日曜・祝日

モバイルサイト

エクセルシア 西日暮里校スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら